BETAテストとは?・・・世界で活躍する日本のビジネスマンの英語で
コミュニケーション能力を調べるために開発された英語堪能度テスト

BETA(Businessmen's English Test and Appraisal)の略
ILC国際語学センターが行っている英語検定です。

国際的取引を行う商社や銀行が、社内英語研修や海外派遣選抜の際に用いる
能力測定基準として利用されています。主に企業向けビジネス用の英語能力試験です。

BETA-I:選択式(ヒアリング、リーディング、グラマー)
BETA-II:筆記、口頭 (BETA-I の合格者だけがBETA-II を受験可能)

レベル説明
●グレード1:会話と筆記において非常に有能である。ただし、詳細にわたる複雑な交渉の場では、言語上の助言を若干必要とすることもありうる。海外派遣が可能であり、英語を用いて業務を遂行する能力が十分にある

グレード2:日常の通信文や会話によるコミュニケーションには対応できるが、特別な場では、言語上の助言がある程度必要だと思われる。海外派遣も可能であり、英語を用いて業務を遂行する能力が十分にある

●グレード3:複雑でない内容ならば、文書や会話でのコミュニケーションに対処できるが、効果的に行うには言語上の指導・修正が必要。海外派遣や英語を用いての業務遂行は可能だが、事前に英語研修がある程度必要

●グレード4:英語を使用する環境では、英語力不足を感じることが多いだろう。会話はできるが流暢とはいえず、相手によく理解される通信文を作成する能力は不十分である。海外派遣や英語を用いての業務遂行については、事前の英語研修がある程度必要

●グレード5~10:簡単な文書が理解でき、簡単な会話が運べ、基本的な文書が書けるグレード5から、機能的な英語力がなく、ほとんどコミュニケーション能力のないグレード10までに分かれている

試験内容 ●BETAⅠ(一次テスト)
約2時間30分の選択式客観テスト。 Aural Comprehension(聴解力)、Grammar(文法)、Vocabulary(語彙)、Reading Comprehension(読解力)の4つのセクションから構成されている
●BETAⅡ(2次テスト<筆記・面接>)
一次でスコア535点以上取得した者は、2次テスト(BETA-II)を行う。筆記(90分)と面接(15分)の2部構成

実施団体名:国際語学センター(ILC)
最新の情報(試験会場、試験日程など)は、ILC公式サイトで確認して下さい。